柳楽優弥『包帯クラブ』で変身「役作りで真冬に短パンとTシャツで弾き語ってました」

ここでは、「柳楽優弥『包帯クラブ』で変身「役作りで真冬に短パンとTシャツで弾き語ってました」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年、映画初出演作『誰も知らない』で史上最年少14歳でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞し、その後も『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』、『シュガー&スパイス 風味絶佳』など話題作でその存在感を示してきた柳楽優弥。そんな彼が2007年、新たに挑戦したのが、天童荒太の同名小説を映画化した『包帯クラブ』における主人公・ディノこと井出埜辰耶役。これまでのどの作品でも、少しおとなしげな少年の役を演じてきた彼が、本作ではそのイメージを一新するような、はじけたキャラクターを演じきった。“新境地を開いた”と評される今回の役柄について改めて柳楽さんに話を聞いた。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億( この映画のフォトギャラリー )

「裏切れる」――。これが最初に本作の台本を読んだときの柳楽さんの感想だった。
「以前とは違うキャラクターを演じたいという気持ちはずっとありました。それまで演じてきたキャラクターは、実際の僕の生活環境とはあまりにも違っていて、やりづらさを感じることがあり、悩んでもいました。オファーをいただいて台本を読んで、これまでの自分のイメージを打ち壊せるな、と思いました」。

演じてみて「やりやすかった」と言うが、実際の柳楽さんは性格的にディノと近いのだろうか?
「決して普段の性格がディノと似ているわけではないです。例えば、僕はわりと人見知りしてしまうんですけど、ディノは全くないですから。僕自身は、あんなテンションにはなれないですよ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikeirenai.blog122.fc2.com/tb.php/1032-cb963a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。