FC2ブログ

映画『夜と昼』 夜は気乗りしない通話、昼は甘い恋愛

ここでは、「映画『夜と昼』 夜は気乗りしない通話、昼は甘い恋愛」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホン・サンス監督の『夜と昼』は、フランス・パリで90%以上が撮影された。その理由は『夜と昼』というタイトルと関連している。ホン監督がこの映画のモチーフにしたのが、夫婦がそれぞれ夜と昼という真逆の時間帯の国にいながら、国際電話をする一風変わったストーリーだ。

国選画家ソンナム(キム・ヨンホ)は、初めて吸った大麻で警察に摘発されるのではないかと恐れ、フランスのパリに逃げる。8月8日から日記を書くように、紙に日にちを書き込み時間の流れを構成した。

8月11日、スマートな女性の後ろ姿を見て「二度とあんな恋愛はできないみたいだ」と嘆くが、若くて可愛らしい美術学生ユジョン(パク・ウネ)と甘い恋をすることになる。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億ソンナムはそんな中、ソウルにいる妻ソンイン(ファン・スジョン)と、深夜1時の“夜”であると同時に、韓国では“昼”の時間帯に通話をする。最初は泣きながら辛がっていたが、ユジョンとの恋が深まるほど「友達ができた」と言い逃れながら、妻との会話を上の空で話すことになる。

パク・ウネのプロフィールと写真

“ホン・サンス式”映画がそうであるように、ストーリーの重要性は大きくない。実際にホン監督は、現地で撮影する際にも朝になってから俳優たちにシナリオを渡した。かっこつける代わりに日常的な、だからこそ頷けるようなキャラクターのリアルさがより重要な映画だ。

平凡な男性の、腹の中をひっくり返してさらけ出したようなナレーションと日記体の構成は、その日常性に力を加える...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikeirenai.blog122.fc2.com/tb.php/1048-3b1ed22f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。