映画を凌駕!米ドラマのDVDに最注目

ここでは、「映画を凌駕!米ドラマのDVDに最注目」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国で話題となっているテレビドラマシリーズのDVD化が、日本で加速している。4月4日には、クライム・サスペンス「BONES-骨は語る-」が発売される(全11巻、各2話)。

「BONES-骨は語る-」

 実在する法人類学者のキャシー・ライクス原作「既死感」をドラマ化した作品。骨に残されたわずかな物証を分析し、難事件を解決していく法人類学者やFBI捜査官が活躍する。米国では、2005年にFOXチャンネルでスタートし、現在シーズン3が放映中。人気を得ているという。

 米国のテレビドラマはここ1、2年、日本において「24-TWENTY FOUR-」「プリズン・ブレイク」「LOST」などがDVDで人気を集めている。「24」のように、地上派で放映された作品がやはりDVDでも好調だが、DVD単独発売でも根強い人気を得ているという。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億

 こうした背景について、国内資本のビデオメーカーの営業担当者は、「海外のテレビシリーズは、本数が多いですからレンタルが強い。これは、ショップ側にすると、お客さんが何度も店に足を運んでくれることになるので、洋画の話題作とはまた違う営業が見込めるのです」と語る。

 洋画のDVD売り上げが 頭打ちになっているのに対し、米国のテレビシリーズが人気となっているのは、サスペンス、謎解きから恋愛ものまで、様々な要素をもつドラマを、連続ものとして満喫したい人たちが増えているからだろう。洋画の大作によくあるようなCGを駆使した大仰な描写に飽き飽きした人たちは、毎回ハラハラドキドキが味わえるエンタテインメントを求め始めたのかもしれない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikeirenai.blog122.fc2.com/tb.php/975-1372c064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。