FC2ブログ

元祖・ミキティ、アイドル捨てた!競作アダルト歌謡で再出発

ここでは、「元祖・ミキティ、アイドル捨てた!競作アダルト歌謡で再出発」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 元モーニング娘。の藤本美貴(22)が5年ぶりにソロ歌手として再始動することが13日、発表された。新曲は4月23日発売のアダルト歌謡曲「置き手紙」。「吾亦紅(われもこう)」をヒットさせた歌手、すぎもとまさと(58)が作曲した。昨年5月にお笑いコンビ、品川庄司の庄司智春(32)との熱愛が発覚し、モー娘。を脱退。音楽活動を自粛していたミキティが、アイドルを脱し、アダルト歌謡路線で再起を賭ける。

 ミキティがアイドルを捨て、これまでのイメージを180度転換するアダルト歌謡路線で本格歌手をめざす。

 ソロ再デビュー曲は、千昌夫の「北国の春」を手掛けたいではく氏(66)が作詞。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」の初出場をきっかけに「吾亦紅」を大ヒットさせたすぎもとまさと=作曲家名・杉本眞人=が作曲。韓流ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」を作曲したユ・ヘジュン氏が編曲という豪華布陣だ。

 きっかけは事務所の先輩歌手、堀内孝雄(58)だった。昨年秋、いで氏から「置き手紙」の詞をもらったすぎもとがメロディーをつけた際、「ベーやん(堀内)がシャンソン風に歌ったら面白い」と考え、堀内サイドにオファー。堀内も気に入り、新曲として歌うことになった。

 時を同じくして、藤本も再起を賭ける楽曲を探していた。彼女の歌声はウエットの効いた中低音が武器。同曲のデモテープを聴いた藤本のスタッフが、その魅力を最大限に生かせる歌だと直感...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikeirenai.blog122.fc2.com/tb.php/977-76ff3b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。