半世紀もの年齢差を越えた女の友情

ここでは、「半世紀もの年齢差を越えた女の友情」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「万寿子さんの庭」黒野伸一著(小学館 1400円) 主人公は、就職を機に新しいアパートに引っ越した竹本京子。右目が斜視であることにコンプレックスを感じ、恋愛にも奥手な20歳だ。新しい町で、あいさつをかわす程度の近所付き合いが始まるなか、杉田万寿子という高齢の女性に出会う。ひとり暮らしの万寿子は、78歳。よく庭で花の手入れをしていた。京子は万寿子に毎朝あいさつをしようとするのだが、なかなかタイミングがつかめない。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億ある日やっと声をかけたものの、返ってきたのは信じがたい罵倒の言葉だった。 本気になって喧嘩をするうち、ふたりの間にいつしか友情が芽生える。一緒に花の手入れをし、ついにはショッピングや旅行までも連れ立って行くほど打ち解けた。だが、やがて万寿子には認知症の症状が表れる。京子は介護をしようと努力するのだが……。 著者は「ア・ハッピー・ファミリー」で第1回きらら文学賞を受賞。2作目となる本書では、年齢差を超えた女の友情をあたたかいまなざしで描いている。【2008年2月12日掲載】

(引用 livedoorニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikeirenai.blog122.fc2.com/tb.php/980-054f9b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。