データサービス:小海町にIT企業進出、100人規模の雇用--4月事業開始 /長野

ここでは、「データサービス:小海町にIT企業進出、100人規模の雇用--4月事業開始 /長野」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 小海町小海に「佐久ソフトウェア開発センター」を開設する「データサービス」(東京都、坂本政恵社長)は14日、南佐久地域の首長らに事業計画などを説明した。坂本社長は南相木村の出身で50~100人程度の新規雇用を検討している。地元では「非常に明るい話」と歓迎ムードが高まっている。
 同センターは小海町商工団地の一角に開設。01年11月に撤退した電子部品製造工場を町から借り受け、今年4月から事業を開始する。情報処理系のシステム設計のほか入力データ作成・集計、情報処理を代行する事業を手がける。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億
 坂本社長は旧米軍立川基地の統計局や、民間会社の機械計算課などに勤務し、黎明(れいめい)期だったコンピューターによる情報処理を担当。情報処理を業種とする同社を64年に創業した。昨年11月に東京で行われた小海町人会で、小池民夫・小海町長から過疎化の話を聞き、「ITの仕事は地域差がない。郷里のお役に立ち、若い人の雇用の場になれば」と、事業所開設を決断した。
 社員の募集は今月中に始める予定で、南佐久地域在住、出身者を軸に採用する。小池町長は「すでに県外に出ている住民から問い合わせがある」と話し、開設に期待している。同社は本社のほか名古屋市、札幌市などに拠点があり、従業員は300人。資本金5000万円で、今年度の売り上げは20億円の見込み。【藤澤正和】

2月15日朝刊
(引用 yahooニュース)


◆理系関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rikeirenai.blog122.fc2.com/tb.php/982-aca2166e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。